エコロビーム工法は、重曹・水・圧力・温度の4つの要素を、巧みな職人技で適切に調節させ、

しつこい汚れを洗浄除去する工法です。
外壁の汚れ、壁の落書きや張り紙、温泉施設の黄ばみや白華現象、墓石のコケやカビなどの

様々な汚れに対応可能!

施工後の匂いや環境汚染、人体への悪影響は一切なく安心な工法です。

 


エコロビーム工法とは?

汚れの除去能力を最大限に引き出す独自にブレンドした重曹を水に混ぜ込み、加温・加圧して吹き付けてしつこい汚れを除去します。

外壁の汚れ・黒ずみ、苔、カビや壁の落書き等、様々な汚れに対応できます。

100%安全で、環境負荷が低い重曹を使用しているため、モース硬度2.5と柔らかく母材の表面を傷つける事無く綺麗に汚れを除去できます。

また、弱アルカリ性で、酸化、除菌、消臭効果もあります。


3つの特徴

①あらゆる素材の汚れ、カビ、苔等を除去します。    

凸部分や多孔質材の奥に入り込んだ汚れも綺麗に取り除くことができます。

また、これまで除去が難しいとされている白華現象(エフロレッセンス)も洗浄除去可能です。

施工後のにおいの残存がなく、除菌、消臭効果を有しています。

②素材を傷めることがありません。

汚れの程度や素材の特徴に合わせて、重曹の圧力及び水温のバランスを保って施工しますので、素材を傷めることがありません。

③地球にやさしい安全洗浄システムです。

水と重曹(重炭酸ナトリウム)のみを使用しているので、環境や人体に悪影響を及ぼすことは全くありません。


施工例

ブロック塀や、石垣は勿論温泉施設のタイルや墓石などの石材、屋外に設置されているFRP製の受水槽なども綺麗に甦らせることができます。


何故、トンネルなどの落書きを消し去ることが大切なのか?


橋脚やトンネルの壁といった道路の構造物に、スプレー塗料で落書きされている様は全国的に見られるものです。

山形県村山総合支庁の西村山道路計画課によると、これまでそうした落書きへの対処は「上からペンキで塗りつぶすケースがほとんど」だったといいます。

 

 一般家庭レベルでは、市販の溶剤を使用して塗料を除去することもあるかもしれませんが、道路構造物においては「化学薬品がコンクリートに悪影響を与えることもある」ため、塗りつぶすのが一般的です。

 そうしたなか西村山道路計画課は2017年8月1日(火)、山形県寒河江市で行われた橋やトンネル壁面への落書きの除去作業において、「エコロビーム」工法を試験的に導入し、落書きを跡形もなく除去することに成功しました。

この「エコロビーム工法」は、特別な除去剤を使用することなく、水と重曹だけで行います。

 

 

 

コンクリート表面などの微細な凹凸にも重曹が入り込んで塗料をこそげ落とすので、跡が残ることもありません。

薬剤を用い塗料と化学反応させて除去する方法と比べて、作業者に健康的な影響がなく、天候にも左右されないといったメリットがあります。

 

スプレー塗料による落書きは、美観上の問題だけでなく「表面の微細な凹凸に塗料が入り込んでしまい、コンクリート劣化度の基準となるひび割れがわからなくなってしまうので、構造物を点検するうえでの障害にもなる」(藤本代表)のです。

エコロビーム工法は、塗料除去のために溶剤などを上塗りすることなく、本来の姿が現れるので建造物にも人にも環境にも優しい洗浄除去工法なのです!


洗浄お見積り承ります!


●現地調査・お見積りは無料で承ります!

 落書きや、汚れた壁、浴槽等でお困りの皆様、弊社では無料でお見積りを行なっております。

 担当者が現地までお伺いさせて頂きます!

 お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ:☎0798-31-0116